ビル・エヴァンス ポートレイト・イン・ジャズ Bill Evans Portrait in Jazz

アルバムの題名は、ジャズで描いた肖像画。
ビル・エヴァンス(ピアノ)が、ベースのスコット・ラファロ、ドラムスのポール・モチアンと共に、9つのスタンダード曲を演奏し、1枚の絵画を描いたアルバム。

演奏の面白さはインタープレイにある。
ベースとドラムスがバックになってリズムを生みだし、ピアノが主役として全体をリードするわけではなく、それぞれの楽器がお互いの音を聞きながら、対話をしている。

スタンダード曲が多く収録され、聞きやすいけれど、しかし緊張感が溢れている。リリカルでありながら、力強くもある。
朝聞いても、夜聞いても、昼でも楽しめる。

マイルス・デイヴィス 1956年のセッション ジャズ入門に最適な4枚のアルバム

ジャズ入門に最適なアルバム。そして、どんなにジャズに親しんでも素晴らしいと思い続けられるアルバム。マイルス・デイヴィスが1956年の5月と10月に録音し、その後、4枚のLPとして発表された演奏は、まさにそうしたアルバムだといえる。

4つのアルバムに共通しているのは、最初に収録された曲と演奏の素晴らしさ。そして、その後に続く曲のヴァラエティ。スタンダート曲とオリジナル曲のバランス。スロー、ミディアム、ファストと色々なテンポの曲を織り交ぜてあり、あっという間に1枚のアルバムを聴き終わってしまう。

続きを読む

Blame it on my youth 若さのせい

それを責めるなら、若さのせいにしてというフレーズが、フリレインとして繰り返されるBlame it on my youth.
ロマンチックな歌詞とロマンチックなメロディー。誰が歌ったも、誰が演奏しても、物憂い感じになる。

代表的なのは、ナット・キング・コールの歌声で歌われたBlame it on my youth.

続きを読む

ビル・エヴァンス 「アンダーカレント」 Bill Evans Undercurrent インタープレイの傑作

「アンダーカレント」は、ピアニストのビル・エヴァンスが、ギタリストのジム・ホールとのデュオで演奏したアルバム。

まず特筆すべきは、アルバム・ジャケットの美しさ。
水面の下に浮かぶ女性の姿は、オフェーリアを思わせ、それだけで演奏の素晴らしさを予感させる。

そして、一曲目の”My Funny Valentine”. ピアノとギターのインタープレーが、スローテンポで演奏されることが多い曲を、緊張観がありスリリングな曲へと変える。

続きを読む

カーメン・マクレエ ジャズ・クラブの雰囲気

カーメン・マクレエの「グレイト・アメリカン・ソングブック」は、いかにもジャズ・クラブという雰囲気を十分に味わわせてくれる。
録音は1972年、ロサンジェルスのジャズ・クラブ「ドンテズ」。

最初は「サテン・ドール」。チャック・ドマニコのベースとマクレエのヴォーカルのデュオが素晴らしい。

続きを読む

詩は世界を美しくする  ネルヴァル ボードレール 村上春樹 ビリー・ホリデー

詩は世界を美しくする。

芸術家、詩人は、自分の世界観(ボードレールの言葉では「気質」tempérament)に従って、作品を生み出す。
私たちは、その作品に触れることで、芸術家の世界観に触れ、感性を磨いたり、彼等のものの見方、感じ方を身につけることができる。

詩においても、そのことを具体的に体験することができる。

続きを読む