ルドンの目は何を見るのか Œil de Redon

オディロン・ルドンは1840年に生まれ、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて活動した画家。
彼の絵画は、平面的で単純化された物の形を、幻想的で神秘的な線や色彩で描き出し、暗示的、象徴的な雰囲気を漂わせている。

彼の絵画の中で、とりわけ面白いのが目をテーマにしたもの。
普通、目は現実のものを見る。しかし、ルドンの目は、見えないものが見えるようだ。

続きを読む

非再現性の時代

19世紀の後半から、芸術は非再現性の時代に入る。
なにやら難しそうだけれど、要するに、芸術の目的がモデルとなる対象を模倣・再現することではなくなり、作品そのものになる、ということを意味する。

画家兼モデルだったシュザンヌ・ヴァラドンの肖像画を見ると、肖像画でさえモデルの再現を目指さない時代が来たことが理解できる。

19世紀の前半に発明された写真は、モデルを再現するのに適した機械。
その写真機が撮したヴァラドンの肖像画。

ヴァラドンの自画像と比べてみよう。

Suzanne Valadon, Autoportrait

この絵を見るときに問題になるのが、自分の顔を忠実に再現しているかではなく、彼女の絵画的なセンスや感性であり、表現の技術、そして作品としての質であることがわかるだろう。

続きを読む

先史時代のヴィーナスと20世紀芸術

2019年6月27日のFrance 2 20時のニュースで、先史時代の彫像と20世紀芸術についての紹介をしていた。

https://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/art-culture-edition/sculpture-cette-venus-de-la-prehistoire-qui-a-revolutionne-l-art-du-xxe-siecle_3510891.html

Vénus de Lespugue
続きを読む

マネ「オランピア」の黒人モデル Qui est la servante noire sur “Olympia”, le tableau de Monet ?

エドゥアール・マネの「オランビア」に描かれた娼婦のモデルがヴィクトリーヌ・ムーラン(Victorine Meurent)であることはよく知られている。

他方、召使いの黒人モデルについては、これまであまり話題になることがなかった。
France 2, 20Hのニュースでは、その黒人モデルについて取り上げている。

https://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/art-culture-edition/qui-est-la-servante-noire-sur-olympia-le-tableau-de-manet_3262351.html

ジヴェルニー モネの家と庭 Giverny la maison et le jardin de Monet

パリからセーヌ河を80キロほど下ったところにジヴェルニー村がある。そこには、印象派の代表的な画家クロード・モネが暮らした家が今でも残され、観光スポットになっている。
冬の間、モネの家と庭は閉じていいて、2019年は3月22日から公開が再開された。

一番の見ものは、睡蓮の池と太鼓橋。


続きを読む

コニャック・ジェイ美術館 Musée Cognacq-Jay  18世紀ロココ絵画を貴族の館で

サマリテーヌ百貨店の創始者エルネスト・コニャック(1839-1928)と妻のマリー=ルイーズ・ジェイのコレクションを、16世紀後半に建てられたドノン館に展示しているのが、コニャック・ジェイ美術館。

パリ市立美術館であるため、入場は無料。ロココ美術の傑作を、貴族の館の中で見ることができる。

続きを読む