アポリネール 「ミラボー橋」の美を探る Guillaume Apollinaire « Le Pont Mirabeau »

ギヨーム・アポリネールの「ミラボー橋」« Le Pont Mirabeau »(1913)は、作者であるアポリネールと恋人のマリー・ローランサンの恋愛が消え去っていく哀しみを、セーヌ河の流れに例えて歌った恋愛しとして、今でもよく知られている。

この詩のベースにあるのは、人間の思いにもかかわらず、時は流れ去ってしまい、二度と戻って来ないというテーマ。(La fuite du temps)

そのテーマの中で、16世紀のロンサールはCarpe Diem(今をつかめ)という意識から美を生みだし、19世紀のラマルティーヌは過去に対するメランコリックなあこがれから美を生み出した。
では、20世紀初頭のアポリネールは、どのように美を作り出したのだろうか。

詩の内容は、ミラボー橋の下を流れるセーヌのように、私たちの恋も流れ去ってしまう、私はここにずっと立ち止まっているのに、という平凡なもの。

作者であるアポリネールが、詩人で画家でもあるマリ・ローランサンと別れた後に書いた詩であることから、彼等の恋愛を歌ったものと言われている。

実際、セーヌ河にはミラボー橋がかかり、橋のたもとには、この詩の第一詩節を刻んだ板が置かれている。

しかし、そのような一般的な理解では、「ミラボー橋」が20世紀初頭に書かれたことの意味がまったく考慮されていない。いつの時代にも書かれる、失恋の歌でしかない。

では、そうしたありふれた恋の歌でありながら、「ミラボー橋」は今でも高く評価されているのはなぜだろうか。アポリネールは、時間の消失のテーマに則りながら、どのような美を生み出したのだろうか。

その美を探るために、20世紀初頭、アポリネールやローランサンと交友関係になった画家達の絵画を見ていこう。

Picasso
Léger
Braque
Derain

こうした絵画に共通する要素は、現実の事物や人物を再現しようということが目的ではないといことである。キャンバスの上の色彩と形体が現実とは違う様相を示し、描かれたままの姿の喚起力に価値が置かれている。

アンリ・ルソーは、アプリネールとローランサンを描いているが、決して現実的な肖像画とはいえない。

Henri Rousseau

詩人でもあるマリー・ローランサンは画家でもあった。彼女の絵も、再現性を目指してはいない。

Marie Laurencin

「ミラボー橋」もこうした絵画と同じ時代の精神性が宿した詩だと考える必要がある。16世紀のルネサンスとも、19世紀のロマン主義とも異なった時代。
そのことを考慮して詩を読むと、どのように読むことができ、アポリネールがどのようにして美を生みだそうとしたのか、理解できるに違いない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中