フランソワ・オゾン監督 ソフィー・マルソー主演 Tout s’est bien passé 安楽死をテーマにした映画

安楽死をテーマにした映画はこれまでにもあったが、フランソワ・オゾン監督がそのテーマをどのように扱うかは大変に興味深い。

2021年のカンヌ映画祭に出品された”Tout s’est bien passé”がその映画。9月22日から公開されるのを前にして、オゾン監督と主演のソフィー・マルソーが”Quotidien”に出演している。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中