19世紀後半に活躍した芸術家たち ー 同じ年に生まれて

私たちが芸術作品や文学作品に触れるとき、普段はあまり画家や作家の生まれた年齢を考えることはないのだが、実は作品にとってかなり大きな要素になっている。
というのも、同じ世代に属していると、一つの時代の雰囲気の中で育ち、同じような教育を受けているからである。
小澤征爾と大江健三郎の対談集『同じ年に生まれて』に倣って、19世紀後半に活動の中心が位置する芸術家や作家たちを、出生年順に列挙してみよう。

1814年
ナポレオン・ボナパルトの退位
ルイ18世の王政復古

1817年

ドービニー(シャルル=フランソワ、1817-1878:画家)

ドービニー 「オワーズ川の川辺」

1818年

(カール・マルクス、1818-1883、プロイセン出身の経済学者)『資本論』『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』

1819年

クールベ(ギュスターブ、1819-1877:画家)

クールベ 「オルナンの埋葬」

1821年

ボードレール(シャルル、1821-1867、詩人、評論家) 『悪の華』

フロベール(ギュスターブ、1821-1880、小説家)『ボヴァリー夫人』

シャンフルーリ(1821-1889、作家)『写実主義』

(ドストエフスキー、1821-1881、ロシアの小説家)『罪と罰』

1822年

ゴンクール(エドモンド、1822-1896、美術批評家)『日記』

1823年

カバネル(アレクサンドル、1823-1889、画家)

カバネル 「ヴィーナスの誕生」

1824年

ジェローム(ジャン=レオン、1824-1904、画家)

ジェローム 「アレオパゴス会議のフリュネ」

ブーダン(ウージェーヌ、1824-1898、画家)

ブーダン 「トルヴィル=シュル=メールの浜」

シャヴァンヌ(ピエール・ピュヴィ・ド、1824-1898、画家)

シャヴァンヌ 「夢」

1826年

モロー(ギュスターブ、1826-1998、画家)

モロー 「出現」

1830年
2月革命 ブルボン朝の王政復古崩壊
7月王政(オルレアン朝ルイ=フィリップ)

1830年

ピサロ(カミーユ、1830-1903、画家)

ピサロ 「ルーヴシエンヌのヴェルサイユに向かう道」

1832年

マネ(エドゥアール、1832-1883、画家)

マネ 「草上の昼食」

ドレ(ギュスターヴ、1832-1883、版画家、画家)

ドレ 「曲芸師」

1834年

ドガ(エドガー、1834-1917、画家)

ドガ 「踊りの花形」

1836年

ファンタン=ラトゥール(アンリ、1836-1904、画家)

ファンタン=ラトゥール 「テーブルの片隅」

1839年

シスレー(アルフレッド、1839-1899、画家)

シスレー 「サン・マルタン運河」

セザンヌ(ポール、1839-1906、画家)

セザンヌ 「サント・ヴィクトワール山」

1840年

ゾラ(エミール、1840-1902、小説家)『居酒屋』

ドーデ(アルフォンス、1840-1897、小説家)『風車小屋だより』

モネ(クロード、1840-1926、画家)

モネ 「印象・日の出」

ルドン(オディロン、1840-1916、画家)

ルドン 「キュクロープス」

ロダン(オーギュスト、1840-1917、彫刻家)

ロダン 「抱擁」

(チャイコフスキー、1840-1893、ロシアの作曲家)

1841年

ルノワール(オーギュスト、1841-1919、画家)

ルノワール 「ぶらんこ」

モリゾ(ベルト、1841-1895、画家)

モリゾ 「ゆりかご」

1842年

マラルメ(ステファン、1842-1898、詩人)

1844年

ヴェルレーヌ(ポール、1844-1896、詩人)

アナトール・フランス(1844-1924、詩人、小説家、批評家)

(フリードリヒ・ニーチェ、1844-1990、ドイツの哲学者)

ルソー(アンリ、1844-1907、画家)

アンリ・ルソー 「眠るジプシー女」

1845年

フォーレ(ガブリエル、1845-1924、音楽家)

1846年

ガレ(エミール、1846-1904、工芸家)

ガレ、ユリとヒナギクの花瓶

1848年
2月革命 7月王政崩壊
第二共和制

1848年

ユイスマンス(ジョリス=カルル、1848-1907、小説家、批評家)『さかしま』

ゴーギャン(ポール、1848-1903、画家)

ゴーギャン 「タヒチの女」

カイユボット(ギュスターブ、1848-1894、画家)

カイユボット 「パリの通り、雨」

1850年

モーパッサン(ギ・ド、1850-1893、小説家)「脂肪の塊」

1853年

ゴッホ(フィンセント・ファン、1853-1890、オランダ出身の画家)

ゴッホ 「ひまわり」

(日本:ペリー来航)

1854年

ランボー(アルチュール、1854-1891、詩人)『地獄の季節』

(オスカー・ワイルド、1854-1900、アイルランド出身の作家 『ドリアン・グレイの肖像』)

1856年

(ジークムント・フロイト、1856-1939、オーストリアの精神科医 『夢判断』)

1859年

スーラ(ジョルジュ、1859-1891、画家)

スーラ 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

ベルクソン(アンリ、1859-1941、哲学者)『物質と記憶』

1860年

(アントン・チェーホフ、1860-1904、ロシアの劇作家)

(ギュスタフ・マーラー、1860-1911、オーストリアの作曲家)

(アルフォンス・ミュシャ、1860-1939、チェコの画家)

ミュシャ 「春」

1862年

ドビュシー(クロード、1862-1918、作曲家)

(グスタフ・クリムト、1862-1918、オーストリア、画家)

(日本:森鴎外、1862-1922)

1863年

シニャック(ポール、1863-1935、画家)

シニャック 「フェリックス・フェネオンの肖像」

(ムンク、1863-1944、ノルウェーの画家)

ムンク 「叫び」

1864年

ロートレック(アンリ・ド・トゥールーズ、1864-1901、画家)

ロートレック 「ディヴァン・ジャポネ」

続く芸術家、作家たちは、19世紀の後半に幼年時代、青春時代を送り、20世紀前半に創作活動が活発化した。

1866年

ロマン・ロラン(1866-1944、作家)『ジャン・クリストフ』

エリック・サティ(1866-1925、作曲家)

(1867年、日本:夏目漱石、1867-1916)

1868年

ポール・クローデル(1868-1955、詩人、劇作家、評論家)『朝日の中の黒い鳥(日本印象紀)』

(日本:明治維新)

1869年

アンドレ・ジッド(1869-1951、小説家)『贋金つくり』

アンリ・マティス(1869-1954、画家)

1870年
普仏戦争、第2帝政崩壊、第三共和制へ

1871年

ポール・ヴァレリー(1871-1945、詩人、評論家)「若きパルク」

マルセル・プルースト(1871-1922、小説家)『失われた時を求めて』

彼は、約30年の間19世紀後半の時代精神性の中を生き、20世紀前半の創作活動を行った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中